Teacher

幼児教室や学童へ通うことで子供の成長を養っていく

放課後の遊び

Book

学童保育というものがあります。学童保育とは、普段の学校生活とは別に行く学童スタイルです。学童保育には種類があり、その一つとして、学童クラブというものがあります。学童クラブの特徴は、親が働いていることが条件で10歳未満の子どもを対象としているところです。学校が終わったあとの18時までというところがほとんどです。また、土曜日も開設されているところが多く、子どもが遊べる空間となっています。そんな、学童クラブは学校に隣接されていることが多いのです。そのために、学校が終わったら、すぐに学童クラブに行くことができます。また、校庭で遊んだり、学童クラブで漫画をよんだりできるのです。

学童保育のもう一つのものが、放課後子ども教室というものです。放課後子ども教室は公立の学校で行なっていることが多く、公立学校に通う子ども全員が対象なのです。また、自治体によっては学区外からも子どもを受け入れているところが多くあります。放課後子ども教室は、名前の通りに放課後の空き教室を使って行なうものが多いのです。普段通っている学校で遊ぶことができるので、移動の安全が確保できて親も安心できます。また、放課後子ども教室は料金が安いことも特徴です。さらに、特別に講師を呼んで講習をすることもあります。また、民間学童保育というものもあります。民間学童保育は料金は比較的高いのですが、早朝や夜といった時間帯に通うことができます。または、習い事もついているところもあります。